認知症の当事者によるピアサポート はじめます

Bytamaplazamimamoriai

-
ピアサポート

たまプラーザ・みまもりあいプロジェクト~やさしさのエネルギーチャージ~は、
認知症の当事者によるピアサポート 『おれんじドア』 を開催します。
認知症になっても前向きに楽しく生きていくヒントを見つける手助けになれると思います。
お気軽に、先に診断を受けたピアサポーターにお話をしにお越し下さい。

●申込者数が定員に達したため受付を終了しました●

日時:2021年8月19日(木)11:30~
会場:3丁目カフェ または ご自宅からZoom
    ※新型コロナ感染症の影響により、当面の間、
当事者のピアサポーターにはZoomでのご相談になります。
    ※3丁目カフェは、ワンドリンクオーダー制になります。
対象:認知症診断前後の不安や心配を抱えるご本人やご家族
申込:申込フォーム https://forms.gle/JWvUqzkJgWYPG5Dk9

『おれんじドア』は、2015年5月に認知症当事者である丹野智文さんを代表として
認知症と診断されて不安の中にいる人が、先に不安を乗り越えた人と語り合い、元気になるようにと、
地元の仙台でスタートした、認知症当事者による認知症の人のための相談窓口です。
名称の「ドア」には、認知症の人が、前を向いて新しい一歩を踏み出すための場にしたいという思いを込めています。
丹野さんが、認知症の診断を受けて、これから先、どうなるのだろうと不安で仕方がなかったとき、
自分より先に診断を受け、その不安を乗り越えてきた認知症当事者の方々との出会いが、
丹野さんを前向きにしてくれた経験から、
『認知症と診断された人の、その不安を一緒に乗り越えられたら…』という思いで始められたそうです。
宮城の認知症をともに考える会・おれんじドア

にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト